スクリーノは全額返金保証がある!?その条件など解説

スクリーノは全額返金保証がある!?その条件など解説

スクリーノは全額返金保証がある!?その条件など解説

 

あなたはスクリーノに返金保証というものがあるって知ってましたか?
しかも一部返金とかではなく全額!

 

購入するなら使うにしろ使わないにしろ権利は持っておきたいところですよね。
ですが使うには色々と条件もあるんです。
そんな条件や返金保証の使い方をまとめてみました。

 

返金保証が使える条件は4つ

この返金保証を使える条件は主に4つ。

 

  • 180日以内
  • 定期コースの購入
  • 肌に異常が出た人のみ
  • 容器も一緒に返却

 

この4つになります。

 

180日以内に絶対連絡

まず返金を受け付けてくれる期間の条件。
これはこういった保証ではかなり長めの180日間。

 

 

約6か月です。
この6か月の間で返金するかどうかじっくり判断することができます。
単品は勿論6か月コースまでならフルで使い切るくらい様子見してから返金するかどうか選べるのでかなり使いやすいですね。

 

ただこの180日間を過ぎると一切受け付けてくれないので迷ったらとりあえず連絡しておいた方がイイかなと思っています。

 

定期コースを選んだ人のみ

スクリーノには3種類の定期コースと単品購入の4つがあるんですがこの返金保証を使えるのは定期コース3つのみ。

 

 

単品のところには返金保証がついてこないとはっきり書かれています。
4か月、6か月ならほぼ全部使いきった時に判断できますが12か月コースだと半年までに判断しないといけません。
この後にまた触れますが肌の弱い人は定期コースを選んだ方が逆に安く済むかもしれませんね。

 

肌に異常が出た場合のみ

ここがスクリーノの保証の一番大事な部分。
受けられるのは肌がかゆくなったり、荒れたりなど異常が出た場合のみです。

 

 

なので、

 

  • ニキビが改善しなかった
  • 肌触りが気持ち悪い
  • 使わなくなった

 

このあたりの理由では返金を受け付けてくれないので注意です。
スクリーノ以外の商品が届いたり、届いた時点で壊れてたりした場合はこれとは別に返品が効きますけどね。

 

スクリーノの容器も一緒に返却

以外に忘れがちなのがこれ。
180日間ということで定期コースであれば数個空の容器ができててもいいころです。
返金してもらうときはコレも一緒に送り届けるのが条件の一つになっています。

 

 

書いてありますね。
これは注文だけして6か月分のスクリーノをもらい、そのままオークション売っちゃう人がいるからなんです。

 

しっかり使った上で返金したい、ということの証明として空の容器を要求してるわけです。
捨てちゃうと返金してもらえないので肌が荒れてない場合も万が一を考えて取っておきましょう!

 

※注意!返金保証で陥りがちな落とし穴!

使える条件としては上の4つなんですがそれ以外に1つ落とし穴になる内容が一つあります。
それは、

 

返金してもらえるのは1回目だけ

 

ということ。

 

 

公式にも書いてあります。
これはどういうことかというと返金を受け付ける期間は180日あるんですが、それが使えるのは1回だけということなんです。
1か月目のスクリーノを返金してもらっても2か月目、3か月目は払わないといけないということ。

 

なので一応期間は180日ありますが判断は1か月目くらいにした方がお金は損しません。
6か月なら6か月分全部返金してもらえると思ってる人が多いと思うのでここでちょっと警告しておきました。

 

返金保証の使い方、方法の流れ

返金は上で触れた容器の返却もあり、ちょっと手順を踏まないといけません。
流れをまとめるとこんな感じになります。

 

1、電話で返金したい旨を事前に伝える
2、スクリーノの容器を郵送する
※送料は購入者持ち
3、電話かメールで返金する口座を教える
4、容器が到着した後2週間以内に返金

 

一方的に送るんじゃなくてまずは返金しますということを伝えてからですね。
そしてちょっと不満なんですが送料はこっち持ちということ。
どのくらいかかるかは住んでる地域によって変わるとは思いますが数百円くらいは払わないといけません。

 

そのあとに口座を教えればこっちで行う手続きは終了になります。
ちなみに郵送の方法は相手に配達記録が残る形で送ってください、という条件もあります。
書留、ゆうパック、宅配便などがそうです。
特に珍しい配達方法でもないので大丈夫ですよね。

 

 

関連ページ

スクリーノの定期コースとその解約方法まとめ!
スクリーノの購入コースである定期購入ごとの違いを細かに解説。解約の方法やできる時期など購入前にぜひ知っておきたいポイントもまとめています。
ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 口コミ総評 使い方解説 定期コースと解約方法