スクリーノの成分をすべてまとめ!副作用とかはどうなの?

スクリーノの成分をすべてまとめ!副作用とかはどうなの?

スクリーノの成分をすべてまとめ!副作用とかはどうなの?

 

スクリーノを使おうという人は何か肌に悩みを持ってる人。
敏感肌、乾燥肌なんかの人はさらに悪化しない様に成分のチェックが結構大事です。

 

なのでここではスクリーノに含まれてる成分やこういう人に副作用が出るかも?ということをまとめてみましたよ。

 

成分すべてを紹介

 

成分はスクリーノの箱の側面に書いてあります。
書き出すとこんな感じ。

 

  • 水溶性プラセンタエキス
  • グリチルリチン酸2K
  • ビサボロール
  • 3-0-エチルアスコルビン酸
  • 米糖抽出物水溶液A
  • アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • ヒアルロン酸Na-2
  • 水溶性コラーゲン液-4
  • ヒメフウロエキス
  • 酵母多糖体末
  • プルーン酵素分解物
  • スターフルーツ葉エキス
  • アーティチョークエキス
  • セイヨウナシ果汁発酵液
  • カモミラエキス-1
  • ステアロイルフィトスフィンゴシン
  • トレハロース
  • 天然ビタミンE
  • エチルヘキサン酸セチル
  • トリメチルグリシン
  • 濃グリセリン
  • キサンタンガム
  • ステアリン酸POE(20)ソルビタン
  • ジメチコン
  • BG
  • カルボキシビニルポリマー
  • 1,2-ペンタンジオール
  • 水酸化K
  • フェノキシエタノール
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液
  • 水添大豆リン脂質

 

 

ちなみにスクリーノの公式サイトには成分表は載ってないんですよね。
僕はニキビ以外に肌の悩みはなかったのでそこまで気にしなかったですが、そうじゃない人は困ってるんじゃないでしょうか。

 

何か特定の成分が苦手だというものがある人はしっかり確認してください。

 

成分に関しての工夫、こだわり

上の成分たちには1つ大きなこだわりがあります。
それが、

 

徹底した無添加!

 

スクリーノは肌に刺激のある成分をかなり省いて作られています。

 

 

こんな感じで、

 

  • シリコン
  • 着色料
  • パラベン
  • 香料
  • タール系色素
  • 紫外線吸収
  • 動物性原料
  • 酸化防止剤
  • 合成ポリマー
  • 鉱山油
  • 石油系界面活性剤

 

が一切含まれていません。
これらは見た目や匂いをよくするために配合されるんですが結構肌の負担になるものが多いんですよ。
スクリーノはそういったものを気にしない反面安全面を徹底したわけです。

 

肌が弱い人はこれらの成分が入ってないのはかなりうれしいんじゃないでしょうか。
ちなみにスクリーノを使って肌に異常が出た場合は全額返金も行ってくれます。
詳しくは別記事で解説してるのでよかったらどうぞ。
⇒スクリーノの全額返金保証の条件とは

 

副作用の可能性はある?

まず副作用というものは薬を使った時に出てくる効果になります。
スクリーノは医薬部外品ということでそういう意味では副作用の可能性はゼロです。
スクリーノで肌がかゆくなったり荒れたりするのは副作用じゃなくて「体に合わないから」ということになるんです。

 

そういう意味での可能性はあります。
⇒スクリーノの4か月体験で口コミ調査したところによると全体の10個に満たない数の肌荒れ口コミがありました。
なので可能性としては3パーセント以下といったところでしょうか。

 

僕は「いざ問題が起きても返金すればいいかな」と結構割り切った感じで購入を決めましたね。
可能性の低さや返金の存在を考えるとそこまで重く考えなくてもいいかなと思います。

関連ページ

スクリーノの最も効果的な使い方解説!ただ塗るだけじゃダメ!
スクリーノはジェルをただニキビに塗るだけじゃ本来持つ効果を最大限引き出すことができません。その力を引き出す使い方をここでは画像付きでまとめています。
ホーム RSS購読 サイトマップ